何故?語り部会が必要なのか?

何故?地域密着なのか?

地域密着とは徒歩圏内だけでは無いネットの力を借りれば自分と同じ価値観のコミニティーがある

又は自分が発足人になれる

価値観には間違えは存在しない

全てが正解である

価値観の違いとは

人との交流が月に1回未満だと、毎日まめに交流している人と比べて、死亡のリスクが1.34倍、認知症のリスクが1.45倍、中重度要介護のリスクが1.37倍・・・
地域住民の信頼関係が希薄だと、4年後の要介護のリスクが1.68倍、死亡のリスクも上昇・・・

より長く、より健康で生きるために。

医療ももちろん大切ですが、実は「人とのつながり」が私たちの健康の根源であること、これはもはや常識となりつつあります。

自他ともに認める「まちづくり系医師とその仲間達」

住民が主体的に健康を考えるようになって欲しい

医療と歯科予防の関係性の変化、

住民とともに地域医療を育てる

それは1人では出来ない

共感者、協力者、仲間、チームワークが必須となる

【孤独を0人】目指すには


医療づくりはまちづくり、住民たちが主体的に動くことで、個々の健康状態も、コミュニティ全体の持続可能性も大きく高まる。

人口減少、医療過疎化に悩む自治体は全国にある。
生き残るための最重要条件は、住民自身が主体性と、それを職域を超えてナッジできる医療者の存在なのかもしれない。


ぜひ最後までお読みくださり私にご連絡ください。
医療に対する考え方、地域づくりの定義が変わるはずです。

関連

オススメサイト

https://orihime.orylab.com/?fbclid=IwAR3RG2LFV9XWCOXfEH-IYONwEx1AiOv1_ScTwA3VzzSVQ69prpIJbsWsq6Y