ユーカリが丘ってどんな街?

—同じ価値観の環境で人生を過ごすー

成田空港歴史

開港 1978年5月20日

ユーカリが丘

1971年に不動産会社の山万が開発を始め、1979年に分譲が開始されたニュータウン。

ユーカリが丘駅(京成電鉄・山万)を中心に、ユーカリが丘1-7丁目、宮ノ台1-6丁目、西ユーカリが丘1-6丁目、南ユーカリが丘、井野南土地区画整理事業地が含まれる。

東京都の都心から約38キロメートル、成田国際空港から約25キロメートルの距離に位置するベッドタウンとして機能しており、東京駅までの鉄道所要時間は47分。成田空港駅までの鉄道所要時間は30分。都市機能のハード面とソフト面の両方を山万が整備している。世帯数7,371戸、人口18,312人(2016年11月末現在)。

ユーカリが丘は、通常のニュータウン開発手法である「分譲撤退型」ではなく、長期的な街づくりを前提とした「成長管理型」の開発が行われており[2]、「自然と都市機能の調和」「少子高齢化」「安心・安全」「文化の発信」「高度情報通信化」の5つのキーワードに沿った、一貫した開発が行われている。キャッチコピーは「未来の見える街」。名称は開発元の山万が「殺菌作用や空気の清浄作用があり、環境にやさしい」というユーカリを自然環境と調和する都市の象徴として名付けたもの。これにちなんで駅前ロータリー、公園などタウン内には約20本のユーカリの木が植えてある。

以上の文章はウィキペディア概要より

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%81%8C%E4%B8%98

2020年11月6日

ユーカリが丘を走る路線バスが開業しました!

千葉県での路線バスの新規開業は約30年ぶりだそうです。

詳しくは、以下のプレスリリースで

https://kyodonewsprwire.jp/release/202011066777